af9920062032l

髪は、どのような構造になっているのでしょうか。
まず、外側部分、これをキューティクルと呼びます。この部分は、タンパク質を主成分としていて、内部組織を守っているのです。電子顕微鏡で見ると、この部分がウロコのように重なっているのを見ることができます。
次に毛の中心部分、これをメデュラと呼びます。ここはキューティクルよりもやわらかいタンパク質でできており、空洞ができやすく、この空洞が多いと、色が抜けたように見えるといわれています。また、赤ちゃんの柔らかい毛などにはないことも。しかしメデュラの働きについては、解明されていないことも多く、研究途中です。
そして、このキューティクルとメデュラに挟まれた組織部分を、コルテックスと呼びます。この部分は、毛の約85~90%を占めていて、繊維状のタンパク質構造になっています。この部分の構造や水分量が、毛の太さや質感に影響しており、ここに含まれるメラニンの種類や量によって、毛の色が決まってくるとされています。
キューティクルが剥がれたり、ささくれだったりすると、手触りが悪くなり、ツヤがなくなる、といった毛の傷んだ状態になります。外側部分が傷むと、内側部分を守る機能が落ちてしまい、放っておくと髪の傷みは進行してしまいます。ですから、この時点でケアをしてあげることが大切です。毛髪のケアとしては、トリートメント剤などによるケアが一般的ですが、これには、脂質を表面に定着させることでキューティクルを補修するものや、トレハロースによってタンパク質の変質を防ぐもの、などの種類があります。
いずれにしても、早い時点でのヘアケアが望ましいといえるでしょう。